もにちじょう

日がな一日夜なが夜っぴて 妄想は止まらず

変わった訳ではないで候う

どうももに蔵です

どうしても変われないものが多いわけで、換わったつもりでも変わってないものなんですわ。

例えば、僕は今とあるサークルに入っているんですが、特にやることもありませんし、目的もありません。何もないままゆっくりと衰退しています。なぜこうなったのでしょうかね。知りませんけども。

僕は創始者達が居なくなったからだと思います。立ち上げた人達が居なくなったサークルはこのサークルに限らずほぼこの結果が訪れるはずです。姉の受け売りです。

ちょっと興味があったのでサークルの立ち上げ秘話や、現在までの過程を調べてみました。確かに熱いです。やってやろう的な意志を感じました。
でもそれだけです。現在とのサークルとしての在り方の違いは感じ取れませんでした。もちろん僕は断片的な情報しか見れていないのですが。。。

ゴールしちゃってるんですよねきっと。サークルとしてもう最後までその世代で行ってしまったんだと思います。だから発展しない。
その世代の考えから派生させて新しい事をしようとしても駄目なんです。もう終わったことなんです。

こうなってしまっては全く新しい事を始めないとなにも始まりません。しかし、そうなるとこのサークルである意味はなくなってしまうんです。だけどサークルを無理矢理無くすことは今更出来ません。だから何も変わった訳ではないです。

このサークルは今とりあえずあるだけなんです。ゴールした目標を目標に掲げる。なんて不思議な状況でしょうか。これは衰退しそうですよね。
はい、衰退してます。サークルメンバーの意識が低くなった訳でもありません。


前述しましたがこのサークルに限った話ではないですよね。どんな物でもそうです。目的を果たしたらそこまでです。運命です。諦めましょう。

個人の意見で、しかもブログで、やっているので怒らないで下さい?

終わりです